コラム

お客様の資産を守るしくみ

お客様の資産を守るしくみ

WealthNaviのセミナーでも、「万が一のことがあったらどうなりますか?」というご質問をいただくことがあります。

「全自動の資産運用サービス」という新しい取り組みに評価をいただく一方、「大事な資産を預けても大丈夫だろうか?」と、不安を感じる方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、WealthNaviを安心してご利用いただけるよう、お客様の資産を守るしくみについてお話したいと思います。

お客様の資産を守る「分別管理」

「ウェルスナビ」という会社名には「証券」とついていませんが、私たちは証券会社です。難しい言葉を使うと、「金融商品取引業者」と言います。街なかで見かける他の証券会社と同じ枠組みの中で運営されています。

証券会社では、お預かりしているお客様の資産と会社が保有する資産を、明確に区分して保管することが法律で義務づけられています。これを「分別管理」と言います。

お客様の資産を守るしくみ(分別管理)

お客様の資産を守るしくみ(分別管理)

分別管理が守られている限り、仮にウェルスナビが経営破綻したとしても、お客様の資産は原則保護されます。そして、分別管理がきちんと行われているかどうか、外部による監査を受けることも、法律で義務づけられています。

万が一のための「投資者保護基金」

お客様の資産は分別管理で守られているわけですが、過去には証券会社が破綻し、分別管理の義務を違反したことによって、お客様の資産の返還が円滑に行われない事例もありました。

そこで現在では、仮にそのような場合が起きても、「日本投資者保護基金」がお客様の資産について、お一人あたり1,000万円を上限に補償を行います。国内の証券会社は、投資者保護基金に加入しなければならないと、法律で定められていまして、ウェルスナビも加入しています。

お客様の資産を守るしくみ(投資者保護基金)

お客様の資産を守るしくみ(投資者保護基金)

このように、お客様にお預けいただいた資産は、「分別管理」と「投資者保護基金による補償」の二重の制度によって保護されています。

ウェルスナビは、お客様の大切な資産をお預かりする金融機関として、これからもお客様に安心してご利用いただけるよう、取り組んでいきたいと思っています。

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

関連記事

カテゴリーから探す

ページトップへ