コラム

NISAの非課税枠は翌年に持ち越せる?

NISAの非課税枠は翌年に持ち越せる?

「おまかせNISA」をご利用中のお客様に、ご注意いただきたいことがあります。それは、年120万円までの非課税投資枠が余っても、翌年に持ち越せないということです。今回のコラムでは、「おまかせNISA」をご利用になる際、覚えておいてほしいポイントについて、詳しく解説したいと思います。

「おまかせNISA」で税負担を軽く

「おまかせNISA」は一般NISAを利用しています。通常、投資で得た利益(配当・分配金や売却益)には約20%の税金がかかりますが、「おまかせNISA」なら毎年120万円までの非課税投資枠が設定され、この枠内の投資で得る利益が非課税になります。

例えば、「おまかせNISA」で運用して50万円の利益が出た場合、通常なら税金として納める約10万円が手元に残ります。

50万円の利益が出た場合の通常の投資とNISAの違い

50万円の利益が出た場合の通常の投資とNISAの違い

非課税枠には「消費期限」がある

注意していただきたいのは非課税枠の「消費期限」です。NISAの制度上、年間120万円の非課税枠を使い残したとしても、余った非課税枠は翌年に持ち越せないのです。

120万円の非課税枠が余りそうな場合、もし年末に出るボーナスの一部などを投資に回すことをお考えであれば、本年中に投資を行っていただくのがオススメです。

年越しをして翌年になれば、新たに120万円の非課税枠が設定されますが、今年の未使用分はもう使えません。「今年の非課税枠は今年のうちに」と覚えておきたいですね。

※本年中に「おまかせNISA」の利用を開始するためには、お申し込みに期限がありますのでご注意ください。

余った非課税枠は翌年に持ち越せない

余った非課税枠は翌年に持ち越せない

「おまかせNISA」なら積み立ても追加投資も可能

「おまかせNISA」は月1万円から設定できる自動積立をご利用可能なほか、好きなタイミングでの追加投資もできます。資金を入金いただければ、どの銘柄をどれくらい買うかなどご自身で計算する必要はなく、自動で運用します。

例えば毎月3万円の自動積立を設定されている場合は、1年間の積立額の合計は36万円です。年間120万円の非課税枠にはまだ余裕があるので、追加投資をすることで非課税枠を有効活用できます。

好きなタイミングでの追加投資にも対応

毎月3万円を積み立て、さらに夏と冬に30万円ずつ追加で投資した場合(イメージ図)

好きなタイミングでの追加投資にも対応

非課税枠が余っていても、新たに追加投資する予定がないお客様もいらっしゃると思います。WealthNaviの通常の口座の資産を売却し、売却して得られる資金でNISA口座で資産を購入する「買い直し」機能もご利用いただけます。

NISAは投資のリターンを受け取る時に差が出ます。ぜひ「おまかせNISA」を有効活用ください。

おまかせNISAのお申し込みを検討されている方

  • 「おまかせNISA」のお申し込みには、WealthNaviの口座開設が必要です。
  • WealthNaviの口座開設がお済みの方は、ログイン後の「おまかせNISA」メニューよりお申し込みいただけます。

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

関連記事

カテゴリーから探す

ページトップへ