CONTENTS  |  03

資産作りのインフラを目指して

Infrastructure for everyone to manage assets

水道の蛇口をひねれば当たり前に水が出てくるように、資産作りを考える誰もが使えるインフラになりたい。私たちには、お客様が安心して使えるサービスを提供し続ける責務がある。

ウェルスナビCEO 柴山和久

柴山和久が率いるウェルスナビは、ノーベル賞理論に基づき、全自動で資産運用をするロボアドバイザーサービス「WealthNavi」を、2016年7月にリリースした。日本の個人金融資産1800兆円(17年6月末、資金循環統計)のうち、高齢者が保有する資産はざっと3分の2。そんな中、ウェルスナビはあくまで「働く世代を豊かにする」ことを目指している。

30~50代をメインユーザーとする私たちの試みは、金融業界の常識に照らせば相当チャレンジングでしょう。日本の銀行や証券会社にとって、資産運用サービスのお客様のほとんどは50代以上。目の前にいるお客さんの層を考えれば、当然のビジネスモデルだと思います。

一方、働く世代が資産作りについて悩んでいるのは確かです。年金や退職金の制度がいつまで持つかと不安を抱えながら誰にも相談できない。何かしなければと焦っていても、給与は低金利の銀行預金に委ねたまま……。働く世代の声にならない声をすくい取り、新たなサービスを作るのは、スタートアップ企業の役割だととらえています。

日本で資産運用が浸透しなかった原因は明らかです。“失われた20年”において日本経済が成長せず、王道である「長期・積立・分散」の資産運用が、国内で主流にならなかったからです。代わりにハイリスクの金融商品を短期売買する手法が広がり、一般の人にとって、資産運用は近寄りがたいものになりました。

「長期・積立・分散」で
成功体験を

世界に目を向けてみれば、機関投資家や富裕層の間では「長期・積立・分散」を軸とした資産運用がスタンダート。こうした世界水準の資産運用は、ロボアドに形を変えて、欧米の若い世代にも広がりつつあります。

「長期・積立・分散」の資産運用が王道とされているのは、長期の視点を持つことで一時的な金融危機を乗り越え、継続して積み立てることで相場の変動をうまくつかまえられるからです。株式や債券、不動産など世界中のさまざまな資産をバランスよく組み合わせるので、相場が変動するときのリスクもある程度吸収できます。

  • ロボアドバイザー「WealthNavi」は、働く世代の資産形成を手助けするツール
    ロボアドバイザー「WealthNavi」は、働く世代の資産形成を手助けするツール
  • 日本で働く世代が資産作りを考えるときにも、「長期・積立・分散」の資産運用は合理的な選択だと言えるでしょう。WealthNaviのロボアドは、お客様一人ひとりがどれだけリスクをとれるかに応じてポートフォリオ(資産の組み合わせ)を作り、6~7つのETF(上場投資信託)を通じて50ヵ国1万1000銘柄に分散投資します。

    テクノロジーの進化により、プライベートバンクが提供してきたようなサービスが広く一般に使えるようになりました。簡単な質問に答えて運用プランを決め入金すると、あとはすべて自動で取引が進むので、忙しい人でも隙間時間で資産運用ができます。WealthNaviを使い、日本で働く世代にも10年後、20年後に成功体験をつかみ取ってもらいたいのです。

17年5月、“おつり”で資産運用ができる「マメタス」をリリース。クレジットカードで買い物をしたときにおつりが出たと見立て、一定額に達すればWealthNaviのロボアドが運用する。

  • マメタスは、少額から資産運用を経験できるツールです。レストランでの食事、家族との休日の買い物……。暮らしの中でコツコツとおつりを積み立てながら、「長期・積立・分散」の資産運用がどんなものか、自然とわかるように設計しています。

    運用する資金こそ少額ですが、ETFを通じて50カ国1万1000銘柄に分散投資していることには違いありません。相場が動けば資産価格も変動します。おつりであれば「財布から一度出したお金」と考えることもできるので、変動を落ち着いて見守ることができます。

    世界経済は中期的に成長しているわけですから、一時的に資産価格が下がっても、待っていれば相場は上向いてきます。こうした経験の積み重ねは、「わからない」「怖い」という心理的な壁を乗り越え、本格的な資産作りを考える土台となるはずです。

  • 「投資に興味はあるけれど一歩を踏み出せない」という人に向けて作った
    「投資に興味はあるけれど一歩を踏み出せない」という人に向けて作った

ITや金融より大切なこと

17年12月現在、WealthNaviの預かり資産は400億円を突破し、国内のロボアドバイザーでナンバーワン(※)。約50人の社員のうち過半がエンジニアかデザイナーだ。

ウェルスナビはこれまで日本になかった「モノづくりができる金融機関」。最先端のテクノロジーと金融の専門知識をアップデートし、つねに世界水準のサービスであろうとしています。

ウェルスナビCEO 柴山和久

ゆくゆくはWealthNaviを、日本における新しい「金融インフラ」として育てたいと考えています。鉄道や郵便、水道といったインフラは、一部の人だけが使えるものではなく、どこに住んでいてもどんな人でも使えます。資産作りを考える誰もが、使いたいときに安心して使える存在になりたいのです。

そのためにいちばん大切なのは、職業倫理です。専門家集団である金融機関と一般のお客様との間には圧倒的な情報格差があります。お客様にとって可能な限りわかりやすいサービスを提供し、お客様の疑問一つひとつに丁寧に答えていく。誰もが安心して使える透明性の高いサービスであるために、WealthNaviは日々進化していかねばならないのです。

※出典:日本投資顧問業協会(2017/9)

NEXT CONTENTS  |  02Coming soon

金融×テクノロジーへの挑戦

Challenge to the financial × technology
NEXT CONTENTS  |  03Coming soon

すべての人が資産を
守るためのインフラに

Infrastructure for everyone to protect assets

TOP DIALOGUE

WealthNaviは、資産運用に関わる全てのプロセスを自動化したロボアドバイザーです。ノーベル賞を受賞した「ポートフォリオ理論」などに基づく世界水準の金融アルゴリズムを用いて、完全に中立な立場から国際分散投資を行います。

WealthNaviのご利用をお考えですか?

PAGE TOP