コラム

出金するときに思い出してほしいこと

出金するときに思い出してほしいこと

WealthNaviのお客様から「出金について教えてほしい」とお問い合わせをいただくことがあります。

銀行のATMなどで預金を引き出す場合と比べると、WealthNaviのような資産運用においての出金は、少し勝手が違って戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、WealthNaviでの「出金」について詳しく解説したいと思います。

出金手続きの前に考えたいこと

資産運用をして損益がプラスになると、利益が出ているうちに出金(売却)したくなることがあるかもしれません。また、損益がマイナスになると「ひとまず出金して、様子を見るべきかもしれない」と不安になり、出金を考えることもあるでしょう。

けれども、出金手続きを始める前に、考えていただきたいことがあります。それは、WealthNaviが「長期・積立・分散」の資産運用だということです。

「長期・積立・分散」は、世界中に幅広く分散投資をして、10年以上の長期で資産を大きく増やすことをめざす資産運用です。1〜2年といった短期で出金してしまうと、長期で期待できる大きなリターンを逃してしまうことになりかねません。

値上がりした資産を売却した場合には税金もかかりますし、一度資産運用をやめてしまうと、いざ再開しようと思ってもタイミングに悩んでしまい、なかなか始められないということもあるかもしれません。

必要なときに、必要な額を出金する。それ以外のときは、あらかじめ決めた方針で淡々と資産運用を続けていきましょう。

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

関連記事

カテゴリーから探す

ページトップへ