コラム

ウェルスナビは何に投資している?

ウェルスナビは何に投資している?

ウェルスナビは、お客様にリスクを抑えた資産運用をご提供するため、世界中の資産に分散投資を行います。分散投資では「どのような資産」に「どのような割合」で投資するかを適切に決めることが重要です。

ウェルスナビがどのような資産を投資対象としており、投資する割合をどのように決めているかの概要をご紹介します。

ウェルスナビの投資対象

ウェルスナビでは効率の良い分散投資でリスクを抑えるため、国や地域、株式や債券などの特徴が異なる7つの資産グループ(資産クラス)を投資対象として定めています。

ウェルスナビの投資対象である資産クラスの特徴

ウェルスナビの投資対象である資産クラスの特徴

これらの資産クラスへ低コストで投資するために、ウェルスナビでは客観的な基準で厳選したETF(上場投資信託)を利用しています。具体的な投資対象銘柄はこちらからご確認いただけます。

参考コラム: WealthNaviのETF選定方法

金融工学の理論による最適な割合で投資

7つの資産クラスを最適な割合で組み合わせることで「最適ポートフォリオ」をつくります。

ウェルスナビでは、1990年にノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏が唱えた「現代ポートフォリオ理論」を用いて、リスクとリターンのバランスが最適となる投資の割合(資産配分)を計算しています。これは、機関投資家や富裕層の資産運用でもよく用いられる、スタンダードな方法です。

お客様ごとに長期の資産運用に適した最適ポートフォリオは異なるため、リターンとリスクの大きさが異なる5段階の「最適ポートフォリオ」をご用意しています。運用開始前のリスク許容度診断によりポートフォリオ選択をお手伝いします。

最適ポートフォリオの資産配分の例(イメージ図)

最適ポートフォリオの資産配分の例(イメージ図)

(※)選択したポートフォリオによっては物価連動債が含まれない場合があります

参考コラム: 最適ポートフォリオって何ですか?

ウェルスナビの資産運用は、短期売買による投機的なリターンは追及せず、長期投資により着実にリターンを積み重ねることを目指しています。

短期的に市場が大きく変動した場合でも、相場に合わせて資産配分を変えることはありません。リバランス機能によって「最適ポートフォリオ」を概ね維持しながら資産運用を自動で続けていただけます。

ウェルスナビの「長期・積立・分散」の資産運用で、お客様の資産を一緒に育てていきましょう。

コラムに関する注意事項
本資料の情報は、公開日時点のものです。公開日時点で一般に信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、情報の正確性や完全性を保証していません。当社は、新しい情報や将来の出来事その他の情報について、更新又は訂正する義務を負いません。
本資料は断定的判断を提供するものではありません。最終的な決定は、お客様自身で判断するものとし、当社はこれに一切関与せず、一切の責任を負いません。
本資料に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

関連記事

カテゴリーから探す

ページトップへ