コラム

個人の金融資産、日米で差が開き続ける理由は?

個人の金融資産、日米で差が開き続ける理由は?

日本の個人が持つ預金や株式などの金融資産は、どれくらいの規模かご存知でしょうか?日本銀行の資金循環統計によると、個人を示す家計部門の金融資産は2021年9月末時点で約2,000兆円です。単純計算で、一人当たり約1,600万円になります。日本の個人の金融資産は、先進国で米国に次ぐ規模ですが、その差はどんどん開いています。今回のコラムでは、その背景を解説します。

20年間で日本は1.4倍、米国は3倍に増加

米連邦準備制度理事会(FRB)によると、米国の個人の金融資産は、2021年6月末時点で約113兆ドル(1京2,800兆円)にのぼります。20年間で約3倍に増えました。同じ期間で日本は1.4倍です。伸び率にこれほど差が開いたのは、なぜでしょうか。

個人の金融資産は米国の伸び率が高い

2000年末を100とし、20年間の伸び率を比較した

個人の金融資産は米国の伸び率が高い

(出典)日本銀行とFRBの資金循環統計から当社作成

金融庁は、2019年4月に開いた金融審議会「市場ワーキング・グループ」(第21回)で、「背景として、運用リターンの違いも大きく影響していると分析される」と指摘しています(※)。

日本は預金、米国は資産運用が主

日米の個人金融資産の内訳を見てみると、運用リターンの違いが生まれる差が分かります。日本で、最も多いのが「預貯金」です。全体の半分以上を占めています。「株式・債券等」は全体の約15%です。米国では、「株式・債券等」が半分を占めています。「預貯金」は約12%にとどまります。

日本の家計金融資産は「預貯金」が多く、
米国は「株式・債券等」が多い

日本の家計金融資産は「預貯金」が多く、米国は「株式・債券等」が多い

(出典)OECD “Household financial assets”の各国の2019年末のデータより当社作成(2021年10月)

日本では、預金の利息が0%に近い状態が続いています。元本は守られますが、資産を預貯金だけにしていても、リターンはあまり期待できません。資産運用の主な手段の一つである株式などは、預金よりも高いリターンが期待できる一方、元本割れの可能性もあります。

資産運用では、リスクとリターンのバランスが重要です。大きなリターンを求めて株式に投資しても、気づかないうちに大きなリスクを取ってしまい、相場が大きく下落する局面で怖くなって、投資を止めてしまうことがあります。

リスクを抑えながら資産を育てましょう

資産運用を始めた直後は、相場が下がったときに損益がマイナスになることもしばしばあり、不安を感じやすい時期でもあります。ただ、資産運用をやめて、大部分が預金の状態に戻ると、資産は増えにくいです。長く続けられるよう、資産運用のリスクを抑えていくことが大事なポイントです。

リスクをどれくらい取れるかは年齢や収入などによって、一人ひとり異なります。WealthNaviは、資産運用を始める前の5つの質問でどの程度のリスクを取れるのか「リスク許容度」を診断し、それぞれのリスク許容度に応じた最適な資産の組み合わせ(最適ポートフォリオ)を提供しています。

個別の金融商品に詳しくなくても、WealthNaviならおまかせで「長期・積立・分散」の資産運用ができます。余裕資金がある場合、預金にとどめておくだけでなく、リスクを抑えながら運用で資産を育てていきましょう。

※金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」(第21回)の事務局説明資料(人生100年時代における資産形成)

コラムに関する注意事項
本資料の情報は、公開日時点のものです。公開日時点で一般に信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、情報の正確性や完全性を保証していません。当社は、新しい情報や将来の出来事その他の情報について、更新又は訂正する義務を負いません。
本資料は断定的判断を提供するものではありません。最終的な決定は、お客様自身で判断するものとし、当社はこれに一切関与せず、一切の責任を負いません。
本資料に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

関連記事

カテゴリーから探す

ページトップへ