ウェルスナビとは?

「長期・積立・分散」で
リターンの最大化をめざす

分散投資でリスクを抑えながら、
中長期的に資産を増やすことをめざします。

資産運用のシミュレーション

資産運用のシミュレーション 資産運用のシミュレーション

シミュレーション結果の金額や確率はあくまで統計的に計算したものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。運用成果によっては損失を被り、投資元本を割り込むおそれがあります。

シミュレーションの前提条件はこちら

おかげさまで
預かり資産 1兆円を突破

ロボアドバイザーNo.1※1 預かり資産 運用者数
預かり資産
1兆円突破※2
運用者数
38万人ご利用中※3

一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2023年9月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 ウエルスアドバイザー社調べ(2023年12月時点)

2024年1月11日時点 ※3 2023年9月30日時点の運用者数

シミュレーションの前提条件について

  • 2023年4月時点のWealthNaviの運用モデルに基づくシミュレーションです。「リスク許容度3のポートフォリオ」で運用した場合の将来の資産評価額の分布を、推計された期待リターンとリスク水準に基づき、毎月のリターンが正規分布する前提で予測しています。
  • 預かり資産の年率1%(現金部分を除く、年率・税込1.1%)を手数料として差し引いて計算しています。
  • 分配金や譲渡益にかかる税金は考慮していません。
  • 運用モデルの詳細は、こちらをご参照ください。
無料

最短3分で完了

口座開設はこちら

口座開設の流れ

選ばれている理由

NISAで注目
長く続けるなら
ウェルスナビ

ウェルスナビを長期間ご利用のお客様の多くが、安定的に資産を増やしています。

2年以上ご利用のお客様の9割以上がプラスの利益

2023年12月末時点。過去の運用実績であり、将来の運用成果等について示唆・保証するものではありません。詳しくはこちらをご覧ください。

無料

最短3分で完了

口座開設はこちら

口座開設の流れ

働く世代に聞きました

ウェルスナビ体験談

他の体験談を見る

上記時点の内容を、対象のお客様の許可を得て掲載しています。個人の投資体験談であり、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。

投資に関する決定は、お客様ご自身のご判断と責任のもとに行っていただきますようお願いいたします。

ウェルスナビの
はじめかた

  • STEP 1

    全自動の資産運用サービス

    運用プランを
    無料診断

    (最短1分)

    6つの質問に答えるだけで、最適な運用プランをご提案します。

    診断されなくても口座開設は可能です。

  • STEP 2

    口座開設のお申し込み

    口座開設の
    お申し込み

    (最短3分)

    お客様情報の登録など、お手続きはすべてオンラインで完結します。

  • STEP 3

    資産運用がスタート

    資産運用が
    スタート

    (最短2営業日

    リスク許容度の設定と最低投資額以上のご入金で、資産運用が始まります。

    お申し込みが集中する時期は、手続きが遅れる場合があります。

詳しく見る

無料

最短3分で完了

口座開設はこちら

口座開設の流れ

働く世代に豊かさを ウェルスナビ 創業の想い 働く世代に豊かさを ウェルスナビ 創業の想い

提携パートナー

優遇プログラムやマイル・ポイントがたまるなどの施策をご用意しています。

提携パートナー
提携パートナー

提携パートナーについて

よくあるご質問

資産運用はいつ始めるのが得ですか?
相場の動きを見極めて投資することは、簡単ではありません。「なるべく安いときに始めたい」と迷っているうちに、タイミングを逃してしまう可能性もあります。ウェルスナビのような「長期・積立・分散」の資産運用では、なるべく早くスタートしたほうが、時間を味方につけ、後に資産を増せる可能性が高まると考えられます。
資産運用はいくらから始めたらいいですか?
手元にあるお金のうち、すぐには使わない将来のためのお金(余裕資金)で始めることをおすすめします。資産が減るのが心配な方は、最初はリスクを抑えて、少額の積立から始めるという選択肢もあります。ウェルスナビは1万円(※)から始められ、月々1万円から積立できます。 ※ ご利用のサービスによって、最低投資額が異なります。
株価が急落したら、預金などに資産を移すべきですか?
世界の株価はこれまで大きな下落を何度も経験しましたが、そのたびに乗り越えて成長してきました。ウェルスナビでは仮に株価が急落しても、一時的なマイナスを受け入れながら、「長期・積立・分散」の資産運用を淡々と続けることをおすすめしています。
一括(まとめて)投資と積立投資、どちらがいいですか?
一括投資と積立投資、どちらがよいかは一概には言えません。迷ってしまった方には、積立投資をおすすめしています。積立投資なら、投資のタイミングを分けることで、高値で買ってしまうリスクを減らすことができます。ご自身が資産運用を長く続けられると思える方法をお選びください。
ウェルスナビに万が一のことがあったらどうなりますか?
お預かりしているお客様の資産と会社が保有する資産を、明確に区分して保管することが法律で義務づけられています。これを「分別管理」と言います。確実に分別管理を行うことにより、仮にウェルスナビが経営破綻したとしても、お客様の資産は原則保護されます。

口座開設の流れ

無料

最短3分で完了

口座開設はこちら

口座開設の流れ

ページトップへ

ページトップへ