手数料シンプルな手数料設定で、
お客様の資産運用を応援

手数料は
預かり資産の「1%」

WealthNaviがお客様から受け取る手数料は、預かり資産の1%(現金部分を除く、年率・税別)のみ。そのほかのサービスはすべて「無料」でご利用いただけます。

※3000万円を超える部分は0.5%(現金部分を除く、年率・税別)

なお、運用会社がETFの維持管理のために差し引くコスト(年率0.09%~0.13%程度)も実質的なご負担となります。WealthNaviでは、お客様の実質的な負担を抑えられるよう、低コストの銘柄を選んでいます。

手数料を考える際には、トータルコスト、つまり資産運用の期間中にかかるコストの全体を考えることが大切です。口座の維持管理や取引、出金などその他の手数料はかかりません。

詳しく見る

低コストの理由は?

手数料 預かり資産3000万円まで 年率1.0%(税別)
3000万円を超える部分 年率0.5%(税別)
入金 クイック入金 無料
自動積立 無料
金融機関振込 お客様負担
出金 出金手数料 無料
取引 売買手数料 無料
為替手数料 無料
為替スプレッド 無料
リバランス 無料
口座開設 無料
口座維持手数料 無料

※ 振込元金融機関の手数料がかかります。

「長期割」で
「続ける」を応援

資産を形成するには、「長く続ける」ことがとても大切です。

資産運用を継続した期間と運用金額に応じ 、最大0.90%(年率)まで手数料を割り引く「長期割」は、お客様の「長く続ける」を応援するプログラムです。

長期割のご案内

手数料の割引幅
長期割判定額 手数料の割引幅(6カ月ごと)
50万円〜200万円未満 年率0.01%
200万円以上 年率0.02%

※ 長期割の判定をする時点の、総入金額から総出金額を引いた金額(出金の依頼が確定した金額を含む)を指します。

低コストの
海外上場ETFを活用

WealthNaviがいただく手数料のほかに、年率0.09%~0.13%程度のETF保有コスト(※)が実質的な負担となります。これはWealthNaviが買っているETFの運用会社がETFの維持管理のために差し引くコストです。

WealthNaviではどのETFに投資するかを選ぶ際、お客様の実質的な負担を抑えられるよう、低コストの銘柄を選ぶようにしています。

お客様が負担するコスト

※各ETFの経費率を最適ポートフォリオの配分比率で加重平均した値。相対的に低コストな銘柄として、経費率が年率0.09%~0.13%(2019年7月現在)のETFを対象としている。リスク許容度別には次の通り。
リスク許容度1:0.13% リスク許容度2:0.10% リスク許容度3:0.09% リスク許容度4:0.10% リスク許容度5:0.10%

WealthNavi(ウェルスナビ)資産内訳画面イメージ

10年後、20年後の
笑顔のために

WealthNaviは資産運用を「より豊かな将来、人生を実現する手段」と考えています。

将来を見据えて資産形成をするには、スタート地点も大切です。長い目で資産を育てていただくため、WealthNaviは最低投資額を「10万円」としています。

※ ご利用のサービスによって、最低投資額が異なります。

最低投資額
10万円

詳しく見る

淡々と運用資金を積み上げる
「自動積立」

「自動積立」は、毎月決まった金額(1万円以上)を積み立てながら投資する機能です。

相場の変動に惑わされることなく、どんなときも淡々と運用資金を積み上げられるのがポイント。WealthNaviのお客様の6割以上が「自動積立」を使っています。

また、月1回定額、月5回定額、複数回定額、カスタムの4コースの中から、ご希望に応じた積立コースを選ぶこともできます。

自動積立
1万円〜/月

詳しく見る

口座開設の流れ

ページトップへ