10万円でも最適なポートフォリオ
が組めるようになりました

はじめに

WelthNaviは、お客様に合ったバランスでETF(上場投資信託)を組み合わせ、自動的に資産運用を行うサービスです。

今までWealthNaviで資産運用を始めるには30万円以上の入金が必要でしたが、この度の「ロボアドバイザーNo1記念! WealthNaviスタートキャンペーン」では、10万円から始められるようにしました。

なぜ10万円でも
最適なポートフォリオを組めるのか?

WealthNaviは世界水準の金融アルゴリズムを使い、お客様のリスク許容度に応じてETFをどのような配分で持つかを決めています。資産運用を始めるにあたっては、その配分にしたがってETFを購入する必要があります。

30万円でバランスの取れた
ポートフォリオの例

30万円でバランスの取れたポートフォリオの例

必要なETFがすべて購入できている

従来の取引方法(※1)では、30万円なら最適なポートフォリオを組むことができましたが、10万円ではできませんでした。ETFは1株単位の取引であり、ETFごとに最低投資額が定まってしまうため適正な比率でETFを購入できず、結果として最適なポートフォリオを組むことができなかったためです。

10万円でバランスの悪い
ポートフォリオの例

10万円でバランスの悪いポートフォリオの例

一部のETFしか購入できていない

そこで今回、端株取引 (※2)という新たな取引の仕組みを取り入れて、1株に満たない1000分の1単位で、端株を取引できるようにしました。これにより、10万円でもETFをバランスよく購入し、最適なポートフォリオを組めるようにしました。

10万円でバランスが改善された
ポートフォリオの例

10万円でバランスが改善されたポートフォリオの例

必要なETFがすべて購入できている

おわりに

WealthNaviは、お客様の長期的な利益の最大化のために、お客様ごとに最適なポートフォリオを構築し、国際分散投資を行えるようにしたサービスです。

今回、さらに手軽にWealthNaviを使っていただけるように機能改善を行い、10万円からでも最適なポートフォリオによる資産運用を可能にしました。

この機会に、WealthNaviを使って資産運用を始めてみませんか。

  • ※1 従来の取引方法
    WealthNaviがお客様ごとの最適なポートフォリオを組み、市場に発注する取引方法です。お客様のお取引は、単元株数単位での約定になります。
  • ※2 端株取引
    証券取引所で取引できる単位に満たない端株を取引する仕組みです。WealthNaviとお客様との間での店頭取引による売買となります。証券取引所で取引できる単位を超える分に関しては、従来の方法で取引します。
    • 当社の取引において、1株未満の株式を端株とし、1株の1000分の1(0.001株)を最小の単位として、お客様との間で店頭取引による売買を行います。
    • 端株取引における売買価格は、原則として証券が上場する市場の当日の寄付価格とします。
    • 売買のための手数料はいただきません。
    • 株式は、端株を含めすべて外国証券取引口座により処理されます。
    • 特定口座をご利用の場合、銘柄毎の取得価格や損益の計算は、端株取引も合算して行われます。
  • ※ WealthNaviの注文の執行および約定の取扱いについて、以下に記載しています。
    注文の執行および約定の取扱いについて
  • ※ 資産運用アルゴリズムの設計や運用について、以下のホワイトペーパーにまとめています。
    ホワイトペーパー「WealthNavi の資産運用アルゴリズム 」