コラム

ワールドシリーズとアメリカ大統領選と投資家心理

ワールドシリーズとアメリカ大統領選と投資家心理

11月2日、ワールドシリーズでシカゴ・カブスがクリーブランド・インディアンスを4勝3敗で下し、108年ぶり3回目の優勝を果たしました。3勝3敗で11月2日に最終第7戦を迎え、8回表までは6対3でカブスがリードしていたのが、8回裏にインディアンスが同点追いつき、延長10回で8対7でカブスが優勝を決めるという、最後の最後まで結果が見えない接戦でした。

ちなみに、メジャーリーグ30球団の中でも、カブスは最も長い107年間、インディアンスは2番目に長い67年間、優勝から遠ざかっていました。このため、歴史的なカードに、両チームのファンは異様な盛り上がりを見せていました。

ワールドシリーズのように先が見えないレースとなっているのが、大統領選です。実業家のトランプ氏が、炎上発言を繰り返して知名度を上げて共和党の大統領候補に選ばれたのですが、その後、過去のビデオテープが女性蔑視との批判を受け、一時期、当選はほぼ絶望的になっていました。ところが、10月28日に、クリントン候補が国務長官時代のメール問題についてFBIが捜査を再開すると発表したことから、クリントン候補の支持率が急落。再び接戦となっています。

大統領選挙が接戦となってパニックに陥っているのが、投資家です。日本では「恐怖指数」と訳されているVIX(volatility index)という指数があります。

これは、米国株式市場の先行きの不透明感を数値化したものなのですが、このVIXが、8営業日連続で上昇し、10月24日の13.02から11月3日の22.08まで急上昇しました。これは、6月24日に、イギリスの国民投票の結果、EU離脱(Brexit)が多数派を占めた時と同じ水準です。

VIX指数の推移

イギリスの国民投票の前後を振り返ってみると、世界中の株価が一時的に大きく下落し、しばらくして大きく上昇に転じました。また、為替レートは一時的、1ドル100円を割り込みました。このように、投資家が冷静さを失っている時には、相場は乱高下し、相場の動きを事前に予測することは不可能です。

S&P500指数の推移

そのような状況で、周りと一緒にパニックになって行動すると資産運用の長期的なパフォーマンスを大きく損ねる恐れがあります。11月8日の投票日まで、大統領選の行方からは目が離せませんが、短期的な相場の動きからはむしろ目を離した方が賢明かもしれません。

コラムに関する注意事項
本資料の情報は、公開日時点のものです。公開日時点で一般に信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、情報の正確性や完全性を保証していません。当社は、新しい情報や将来の出来事その他の情報について、更新又は訂正する義務を負いません。
本資料は断定的判断を提供するものではありません。最終的な決定は、お客様自身で判断するものとし、当社はこれに一切関与せず、一切の責任を負いません。
本資料に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

関連記事

スペシャルコンテンツ

カテゴリーから探す

口座開設の流れ

ページトップへ