コラム

昨日の株価急落で不安を感じていらっしゃる方へ

昨日の株価急落で不安を感じていらっしゃる方へ

昨日(10/28)、世界的に株価が下落しました。特に最近になって資産運用を始められた方は、資産の目減りを見て不安を感じ、このまま続けるべきか迷われているかもしれません。

株価下落の背景には、ヨーロッパでコロナ感染が再拡大し外出制限などが強化され、先行きへの不安が高まっていることがあります。米国の大統領選挙を来週に控え、短期的に相場が大きく動きやすいタイミングでもありました。このような状況下では、どのように行動すべきなのでしょうか。

資産運用の王道とされる「長期・積立・分散」では、短期的な相場の大きな動きも乗り越えて、長期で資産を育てることを目指します。これまでも株価は、金融危機などによって大きく下がることが何度もありましたが、長期的には成長を続けてきました。10年、20年という長期の資産運用においては、腰を据えて資産を持ち続けることが大切だと考えています。

コロナ禍が続く中で、このような株価の大きな動きが今後も起こることが考えられますが、そのタイミングを正確に言い当てることは誰にもできません。10年後、20年後を見据えて、じっくりと資産を持ち続けることをお勧めします。ぜひ長い目で資産運用を続けていきましょう。

こちらもあわせてお読みください

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

スペシャルコンテンツ

カテゴリーから探す

口座開設の流れ

ページトップへ